入院中に得た知識|糖尿病 教育入院の体験記

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

入院中に得た知識

私は、今回の教育入院で様々な知識を得ることができました。

 

そして、それと同時に糖尿病を誤解していた部分も多くありました。それは例えば、食事と糖尿病の因果関係についてです。

 

 

入院以前の私は、糖尿病は血糖値の問題だと思っていました。つまり、血糖値が上がりすぎて糖尿病になるのだと思っていました。しかし、実際は逆でした。
糖尿病とは、血糖値が上がりすぎて発症する病気なのではなく、糖尿病を発症することによって血糖値が上がってしまうのです。

 

簡単に言ってしまえば、血糖値が高いということはイコール糖尿病だということです。

 

そして、糖尿病の治療の際の食事について、糖尿病でもっとも気をつけなくてはいけないことが糖分や炭水化物の摂取です。

 

また、実はカロリーと血糖値に直接の因果関係はなく、ある程度のカロリーを摂取しても血糖値に影響はでないのです。

 

このことから、糖尿病の食事療法は無理のない範囲で低炭水化物や低糖分を心がけ、カロリーについてはそれほど神経質になる必要はないということがわかりました。

 

かといって、糖分や炭水化物を取らずに、高カロリーな焼肉やステーキばかりをドカ食いしてしまうのは大変危険です。

 

しかし、極端な話をすればラーメンやご飯の大盛りを食べるよりも、ぶ厚いステーキや焼肉の大盛りを食べるほうが糖尿病治療や予防には効果的だということです。

 

もちろんこれは極端な話ですので、実際の糖尿病対策にベストな食事とは、糖分や炭水化物をひかえめにすることや、カロリーも健康を害さない程度に摂取すること、そして積極的に緑黄色野菜を取ることが大切になります。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

教育入院をする時間が無い人に、ぜひ今すぐ実践してほしいです。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

もちろん、この食事法によって私自身も急激に改善しています。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます