入院中の薬について|糖尿病 教育入院の体験記

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

入院中の薬について

糖尿病の教育入院では、基本的に食事療法と運動療法でコントロールします。

 

実際に入院を体験した私も、薬は一切使わずに食事療法と運動療法のみで治療しました。

 

 

しかし、カウンセリングや検査の結果などにより、食事療法と運動療法では不十分とされる患者さんもいます。そのような場合は、それぞれに適した薬物を使用しての治療が行われるようです。

 

それが、薬物療法です。また、薬物療法には、基本的に飲み薬と注射の2種類があります。

 

飲み薬は経口糖尿病薬という錠剤の薬になり、錠剤の種類も患者さんの症状によって違うようです。

 

そして、注射に関してはインスリン注射というものを行います。インスリン注射は、上腕の外側か、お腹か、お尻か、太ももの外側のいずれかに注射されるそうで、注射する場所はその患者さんの症状によって違います。

 

また、飲み薬は食前に服用し、インスリン注射は食事の30分前に行うようです。

 

幸いにも、私は薬物に頼ることなく糖尿病の治療ができましたが、退院後も症状が重い患者さんなどは、日常生活でも薬の服用を続けるそうです。

 

しかも、飲み薬だけではなくインスリン注射も自分自身で行うそうです。ちなみに、薬物療法が必要な患者さんは、入院中に自分自身に注射をするための訓練を行うようです。

 

しかし、医師の話では、できるだけ薬物療法は使用しないで治療をするのが望ましいとのことでした。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

教育入院をする時間が無い人に、ぜひ今すぐ実践してほしいです。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

もちろん、この食事法によって私自身も急激に改善しています。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます