入院する部屋について|糖尿病 教育入院の体験記

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

入院する部屋について

糖尿病の教育入院をする際は、基本的に大部屋となります。

 

しかし、別途個室料を支払えば個室にすることも可能です。ちなみに、個室料は健康保険適用外となります。

 

私も今回は大部屋での入院となりました。

 

 

大部屋といっても、ちゃんと仕切りはありますので、寝るだけならたいして不便は感じません。

 

逆に、病院内での自由時間中や就寝前の時間帯は結構退屈なので、同じ部屋の患者さんと色々しゃべったりしていると気がまぎれて良いかもしれません。
ちなみに、私が入院した時は、大部屋で患者さん数人と医師や看護師の方を交えて談笑するのが日課となっていました。

 

大部屋といっても、糖尿病の教育入院の場合は、同じ教育入院をしている患者さんだけしかいませんので、みんな比較的元気で退屈してるのです。

 

そして、医師や看護師も糖尿病の教育入院がある時は、それに集中した勤務をするそうなので、ヒマができればしょっちゅう教育入院の患者さんとコミュニケーションを取っています。

 

また、大部屋にはちゃんと一人1台のテレビが備えつけられており、その他にも雑誌や本やゲームなどの娯楽品を自由に持ち込めますので、窮屈に感じることはないと思います。

 

 

ですが、就寝時間には消灯し、みんな一斉に眠らなければいけないというのがチョットしたネックかもしれません。

 

というのも、大部屋の場合は一応は共同生活となるため、眠れないからといって就寝時間を過ぎてもテレビを見たり、しゃべっていたりしていては、他の寝ている患者さんに迷惑がかかるからです。

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

教育入院をする時間が無い人に、ぜひ今すぐ実践してほしいです。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

もちろん、この食事法によって私自身も急激に改善しています。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます