入院中の食事について|糖尿病 教育入院の体験記

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
その効果絶大だった食事法をメールで教えます。詳しくは下部にて…。

入院中の食事について

入院中の食事は、糖尿病の患者用に作られた病院食になります。

 

私は、今回の教育入院を体験するまでは病院に入院した経験がなく、病院食というとおかゆや味の極端に薄いおかずが少しだけ出されるだけというイメージがありました。

 

しかし、実際に出された病院食は、いたって普通の定食でした。

 

主食はご飯が多く、おかずも焼き魚や煮物や焼肉やカレーなどの色々なものが出され、その他にもサラダや漬物やみそ汁などもついてきます。もちろん味もそれなりにしっかりしています。

 

つまり、病院食とはいってもその辺の定食屋にありそうなメニューとほとんど同じ内容なのです。

 

 

しかし、そんないたって普通の定食に見えても、実際は栄養士がバッチリ監修した食事ですので、糖分やカロリーは極力ひかえめに調理されており、量もコンビニの幕の内弁当ぐらいでおかわりはできません。
そのため、味は問題なくても大食漢の人には少し物足りない量かなと思います。

 

ちなみに、これは昼食と夕食の場合の話で、朝食に関しては結構ツライ内容になります。

 

というのも、朝食は全体的に量が少なく、主食は食パン1枚か一膳にも満たない少量のご飯となります。

 

また、おかずも漬物だけしかなく、その他にはみそ汁やバナナなどがあるのみで、非常にさびしく味気ない内容になっていました。

 

普段の日常生活で、朝食をあまり食べない人にとっては逆に良いメニューかもしれませんが、朝からしっかり食事をする人は、きっとこの朝食の時が一番ツライかもしれません。

 

また、食事の際の飲み物は、朝は野菜ジュースが多く、昼食と夕食は豆乳がほとんどでした。

 

ちなみに水は飲み放題です。

 

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!

私は、ある食事法によって2週間で数値が改善!
当サイト運営者の私が、その食事法をメルマガ形式でお送りします。

教育入院をする時間が無い人に、ぜひ今すぐ実践してほしいです。

本日から10日に分けて配信し、徹底的に解説しますのでどうぞご活用ください。
購読は無料です。

もちろん、この食事法によって私自身も急激に改善しています。

あまり広めたくないので読者は100名のみの限定募集です。
本日現在96名が購読しています。

お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
どなたが糖尿病ですか?
(アンケート)
自分  配偶者  親  息子・娘  友人

※いつでも簡単に購読解除できます